アーカイブ

HOME > BLOG > まめ知識 > オーダーについて

BLOG

< ウェディングドレス レンタル  |  一覧へ戻る  |  レンタルブーケ始めたいと思います。 >

オーダーについて


***サイズオーダー と セミオーダー 、フルオーダー
    どれがどんな人に向いているか知っている?? *******



こんにちは。

チョコプラの「香水」のMV再現をYouTubeでみて IKKOさんの絵面のうるささに一人で爆笑している和智です。
おもしろすぎて 藤原に見せたのに、ぜんぜん反応してくれない。( 一一)
めっちゃおもしろいのに。。。。。。
実は詳しくはないけど 漫才とかお笑い大好きです。(^^


さて、本日はこの「オーダー」という枠をひとくくりにしてしまうと、ドレス迷子になっちゃうよ、、、というお話しです。

「価格に対しての違い」を中心にお話ししていきます。

ウェディングドレスを探し始めてみると、オーダーのウェディングドレスショップが検索でひっかかってきませんか?それも「えっ(/・ω・)/ こんな価格で?レンタル価格で見た1着50万の金額は何??」と ビックリされる方も多いと思います。
IMG_1341.jpg

〇サイズオーダー とは
”既存のドレスとまったく同じデザインとパターンで、その人の身体に一番近いサイズを注文する”
です。

5号・7号・9号・11号・・・・・という既存のサイズで発注します。
更にそこから微調整のお直し代がかかるか、かからないかはそれぞれのドレスショップの違いです。

このサイズオーダーというのは、デザイン・パターン・生地の確保も全て整っており 新しいものを生み出す作業がありません。サイズ違いのドレスを新しく1枚作るということなので、3つのオーダーの中では生産する国を選べばびっくりするお安めの価格でウェディングドレスが販売されていたりします。

価格の違いは縫製する国 で 価格に幅が出ています。

予算は3つの中では比較的手が届きやすい価格ですが、ノーブランドなのかブランドなのかでドレスショップによって価格に大きな開きがありますが、たいていのドレスショップで可能です。
着たいドレスのデザインやブランドはあるけど、レンタルに抵抗がある方にはおすすめです。
また、新しいドレスが良いけど 頭の中でイメージすることが不得意な方は 既存でデザインが確定されているものから選ぶことがおすすめです。


注意点としては、自分のサイズに近いサイズでサイズオーダーするドレスを試着することがおすすめです。

もう1つは身長に対してのトップスの調整は基本的には不可です。


例えばご身長が168cmで7号のサイズ感だったとしましょう。

スカートの丈は調整できますが、トップスの長さ(身丈)の変更ができません。
7号の平均身長は158cm~160cm程です。 
8cm身長差があればウェストから肩までの距離はほんの数cmですが違います。

お洋服を選んだ時を思い出してください。ワンピースがハイウェストになってしまったことはありませんか?この現象がウェディングドレスでも起こってしまいます。

基本的にスカートの丈で着丈を調整します。




余談ですが以前ご試着にご来店された花嫁様は既に他店でドレスをサイズオーダーで購入されていました。
実際、仕上がってきた時にイメージと違ったということ。
お話しをうかがったところ試着は2サイズ大きいものを試着し、自分のサイズで作ったら違うラインになってしまって納得がいかない とのことでした。

お洋服とは違って、身体にフィットさせて着るウェディングドレスです。

サイズ感で変わってくるデザインのイメージには注意してご試着されてください。

IMG_1339.jpg


〇セミオーダー とは
”既存のドレスデザインは変えず、自分のサイズでオーダーが可能だったり部分的なカスタムができたり というふうに、数あるパターンを組合せられる” というものです。

簡単に言えば「サイズオーダー + ちょっと変更可能」ということです。

基本のパターンがトップスとスカートがあり、袖をつけたりバックリボンをつけたり素材を変更できたりとショップによって様々ですが、パターンを引き直すことはぜずに変更できる範囲のデザイン変更です。

既存のデザインを組み合わせることで、自由度も高いですがドレスショップのコーディネイト力も必要不可欠です。しっかりドレスショップのコーディネーターさんともコミュニケーションをとってドレスを組み立てていきましょう。


いろいろ試着してみたけど、この分が無ければいいのに、、、

ここに袖があれば完璧なのに、、、、

とパーツ部分にこだわりのある方におすすめです。

注意点は「サイズオーダー」と同じ身長に対しての縦のサイズ感です。
こちらも同様 仮縫い という作業が無いので、注文してから仕上がりまで制作途中に変更はできません。
上記で記載した通り、全体の着丈はスカートの丈で行いますのでこの部分が同様に注意点となります。


〇フルオーダー とは
”素材・デザイン・サイズ 全てが自分のイメージで制作できる。 ” というものです。

※以下は国内縫製のフルオーダーを定義としてお話しいたします。

工程は
デザインの確定・生地の選択ファーストパターン制作仮縫い(生地・デザインの確定)パターン修正縫製仕上がり確認微調整仕上がり
すごく面倒、、、と思った方もいると思います。(^-^;

オレンジの字の部分だけ花嫁さまが立ち合うところなので、来店回数はレンタルと変わらない3回~4回。

工程も多く、携わる人の手も多い為、費用は3つの中で一番高いです。

サイズオーダー・セミオーダーとの違いは「その人の為だけのパターンを制作する」です。

良い点は、とにかく自由!

でも自由って難しいんですよね。制限された中にある自由の方が人は動きやすいのだと感じています。



ウェディングドレスを作れるには2択です。
①デザイナーとして活躍している人にドレスを依頼(制限のある自由)
②ウェディングドレスの縫製ができる人に依頼(制限の無い自由)



似ているようで似ていません。(^-^;

これ、、、難しいんです。

「デザイナー」として活動している方には、既に得意とするデザインや好みがあります。

「私の作るドレスが好きなら、注文してね、その先は私のデザインをベースにあなたの意志を尊重するわ。」です。


②の後者は花嫁様のドレスイメージを自分で固める必要があります。
「どんなドレスが作りたいの?」です。
もちろん、縫製上でのデザインのありなしは助言いただけますが、デザインや工夫の知識は縫製する人それぞれです。


価格は①より②のほうがすこしお手頃です。

デザイナー料金が含まれていませんしね。


家で言うなら 建築デザイナーか大工さんか 的な感じ。たぶん。


ただ、どちらにオーダー依頼をするにしても 「想像できる人」におすすめです。

全てを想像する必要があります。
もちろんイメージを描きやすくするためのお手伝いをしっかりさせていただきます。


フルオーダーをやっているドレスショップが何でも作れるわけではありません。

参考イメージはインポートのウェディングドレス画像が100%に近い確率で手渡されます。

IMG_1324.jpg

国内のレンタル商品もインポートもオートクチュールもデザイナーやクチュリエ(仕立てる人)を近くで見て、私が思う事は


「フルオーダーはシンプルなドレスを好む人に一番適している」

ということです。


レースや装飾を使わないシンプルでスッキリとしたドレスは、レンタルでなかなか見つけ出すことができません。

国内ブランドからは見つけることは90%に近い確率で無理です。

お洋服に近いデザインのものはアトリエ系であります。意外に国内アトリエ系デザイナーは安くはありません。

装飾のないシンプルなウェディングドレスが国内に入ってくるインポートでようやく見つかる、、、でも目が飛び出るぐらい高いのです。



フルオーダーの価格は無限です。。。。

やりたいこと、使いたい素材 全部詰め込むと誰もが「予算」に行き詰まります。

せっかくのフルオーダーなのに、予算を落とすため パーツを減らしボリュームを一回り小さくしてランクの低いレースを使う。。。。高い商品選びをして予算で妥協するというのは良い選択とは言い難い。


装飾が多いドレスは絶対にレンタルがお得。


イメージはないけどシンプルがとにかく大好きで、ドレスらしさは必要という花嫁さま。

イメージが固まっている花嫁さま。

フルオーダーするそれぞれの理由(例えばレンタルのサイズ感が合わない身長など)が明確な花嫁さま。


こんな方たちにはフルオーダーがおすすめです。

IMG_1336.jpg





どうしてこの形が日本では難しいのか、お見積金額がどうすれば現実的な額になるのか、予算の中でできることは何か、花嫁さま自身の本当のこだわり部分は何か、、、デメリットとメリットを分かりやすく伝え、花嫁さまの好みを分析ししていきます。


オーダー相談の際 ここまで書いたものを説明し、デザインに落とし込んで花嫁様のイメージに近づけるお仕事をしているのがデザイナーでもなく、クチュリエ(仕立てる人)でもない私が コーディネイトしています。



余談ですが、実は私は元々ブライダルヘアメイクを行っていた技術者です。
このウェディングドレスのショップを立ち上げる時に、提携手数料の大きさやウェディング業界の仕組みをほとんど知らず15年前にドレスショップを立ち上げています。

ウェディング業界に浸かっていなかったので、今でも一般的な感覚、お客様の立場の目線は持ち合わせているつもりです。

 
レンタルを長く行う中、ご紹介いただいたご縁でフルオーダーをVerdeで取り扱うことを5年ほど前より始め、ウェディングドレスの制作過程でたくさんのことを学ばさせていただきました。


私の興味で学んだものの中から、それぞれの花嫁さまにそれぞれに必要な情報をお伝えしたいのです。


今回はオーダーの種類を知っていれば、迷った時に役立つよ 的な内容でお届けいたしました!!

(*^-^*)

 IMG_1340.jpg

カテゴリ:

< ウェディングドレス レンタル  |  一覧へ戻る  |  レンタルブーケ始めたいと思います。 >

同じカテゴリの記事

ウェディングドレスの試着について

**** どのくらい前からウェディングドレスって試着ができるの?? *****

今回はウェディングドレスの試着とレンタルの期間についてお話ししますね。

まずは延泊料のお話しではなく、実際にレンタルされたウェディングドレスは1人の花嫁の期間どんなスケジュールになっているのか?ということです。

”今週の土曜日に使用されたウェディングドレスは来週の土曜日にもレンタルができる”

・・・・・できません。そうなんです、できないのです。

IMG_0813.jpg


レンタル期間はどのドレスショップも4泊5日が平均的。
それ以外のメンテナンス期間はドレスショップそれぞれで違いますが、参考までにVerdeのスケジュールをお話ししますね。

1着のウェディングドレスのレンタル期間は

Verdeを発送する2週間前からレンタルに向けてのサイズ直しやメンテナンスを行います。
ご使用後の1週間はクリーニング + もしも何か行った場合のメンテナンス期間を7~10日確保しています。

お客様がレンタルする期間は4泊5日なのですが
実質は最低 「28泊29日」ほどの約1ヶ月を1人の花嫁さまの使用期間で確保するのです。

レンタルのウェディングドレスは、数やサイズに限りがあるのでできるだけ早めの決定を進められると思います。もちろん数やサイズもありますが、1着のウェディングドレスは40日間の中で1回のレンタルとなるためレンタル期間が埋まりやすいという理由もあるのです。

そのスケジュールを知っているとどうでしょうか。

ウェディングドレスのレンタルは、 言い方はよくないですがいわゆる「早い者勝ち」です。

少し前のめりに早めに動き始めても問題無いのです。
IMG_0790.jpg

よく見かける「挙式6ヶ月前から」のウェディングドレス試着の開始時期。
「6ヶ月前~5ヶ月前」にはウェディングドレスを決定する気持ちで7、8ヶ月前から見始めてることがおすすめです。

慌ててウェディングドレスを決定するのではなく、自分の好みを知って、着たいと思うものを見つけて、
価格とデザインが自分の価値観と違っていないか、納得がいくドレス選びなら、みんなが動く少し前の段階で動くことがおすすめです。

Verdeは10ヶ月前からの花嫁さまのご試着を承っております。

いつでもお気軽にご相談くださいね。




結婚式のスタイル

***** これからの 結婚式スタイル 。
    皆さまどんなスタイル、どんな思いを込めますか? ******



こんにちは。

最近は自宅で絵をかいてみたり、ドレスのデッサンを書いてみたりとちょっと絵を描くことにはまっている和智です。私が絵を描き始めると、子供たちもつられて絵を描いたりぬったりしています。

私はほぼ仕事をすることが趣味なので、関連したことにか興味が持てません。

・・・・・わたしって お面白くない人だなぁ。。。。(^-^;

さて、本日はこれからの結婚式のスタイルについて。

_DSC1971.jpg

去年まではウェディングのスタイルが本当に多様化していました。

ホテル挙式にガーデンウェディング、グランピングウェディングやバーベキュー場でのウェディングまで。

真新しいウェディングのスタイルにワクワクした人もいれば、何年たっても色あせることのないベーシックなウェディングスタイルを見直した方も多いと思います。

そう、コロナウィルスでパンデミックとなるまでは。

今年の春から夏にご結婚される方の挙式計画を大きく狂わせ、辛く不安な思いをされたかたも多いと思います。

その反面 このコロナ禍の中でたくさんの人が学んだこととすれば、今まで以上に家族や友人の大切さだと思います。

私たちが結婚に対するイメージも少し濃くなったように感じます。

今までの結婚式スタイルは 平均60名~80名のゲストの数が多かったように記憶しています。

都内の場合は 会場の敷地面積も限られゲストの人数で会場を選ぶ必要もあり、多人数の場合はホテルを中心にゲストハウスや結婚式場。その中での会場それぞれの特徴が二人のイメージするウェディングとなる会場を選んでいたと思います。

ゲストと濃厚な時間を過ごせるというよりも、時間に追われ緊張の中での挙式にあっという間のお色直し。

結婚式の感想は本当にアッという間で、早かった。。。とおっしゃいます。

でも、今後はゲスト人数にも制限がができるでしょうし、本当に大切な人との質の高い時間と美味しい食事でおもてなしをしたいと考えるお二人が増えると思います。

貸切となるようなプライベートな空間に、二人の幸せを一緒になって心から喜びあえる家族や大切な友人。

写真に残したくなる色鮮やかで、思わず美味しくて目を閉じてしまうようなお料理をお腹いっぱいに食べて欲しいと願うはずで。

ドキドキしたりワクワクするような派手さは無いけれど、心温まる結婚式スタイルが作れるはず。

ゲストやお二人間にアクリル板が必要とされるなら、アクリル板にデザインを入れたり、ゲストの人にメッセージを書いてもらうなど、考えかたによっては楽しむこともできると思います。

だからこそ、自分に合わせたドレス選びから 結婚式をスタートして欲しいと考えています。

Verdeでは大人のミニマル婚をご案内しています。

ドレスが好きなデザインがあったら紹介の会場を検討していただく準備の手順。

ドレス試着したら借りないといけない、、、なんて決まりはありません。
自分に似合うドレスなのか、居心地の良い相談しやすいショップなのか、確かめたうえでの
「ウェディングドレスを着たい」そう思っていただきたいのです。

お気軽にご相談くださいね!


おすすめのハワイ挙式プランニング会社

こんにちは。(#^.^#)

梅雨明けし、ますます、、、、暑い。。。。。

今回は、おすすめのハワイ挙式のプランニング会社をご紹介しますね。

「ハワイ挙式」皆様のイメージは?
カジュアルに。。。。リゾート感ある写真を。。。。ガーデンウェディングが理想!。。。。二人だけで。。。。などなど
どんな挙式にされたいか。。。。それぞれにイメージがきっと違いますよね。

おすすめのハワイの離島での挙式はおすすめなのですが、その情報は、また後日ね!!(^^)!

まず、今回は、ハワイ挙式でおすすめのプランニング会社をご紹介。

riaruW.jpg
「Real weddings」 ←こちらがHP♡

Verdeにはウェディングドレスをお持込で考えていらっしゃるお客様が多くいらっしゃいます。
皆様が、挙式準備の際に直面される壁。。。。
「持込み料金」そして「パッケージプラン」の縛り。。。。。

Real Weddings さんは お客様に寄り添ったウェディングの提案をしていただけます。
ウェディングドレスのご紹介先としてVerdeはご提携させていただいておりますが、
提携サロン外からウェディングドレスを持込んでも「持込み料」という不可思議な料金は発生しません。
そして、パッケージプランのご用意がありません。

「パッケージプランがお得そう。。。。。」そう感じる方もいらっしゃると思います。
でも、意外とそんなことはありません。
パッケージプラン = 必要最低限の商品が一部含まれているわかりやすいプラン ※プラン額で納まる商品はほとんどありません。(/_;)
と思っていただければ、いいのです。

お客様のご希望に添える内容を、お二人と一緒に考え出していく = Real Weddingsのフリープラン 

です。♡

費用面を重視されたい、、、、ゲスト人数が多いから会場やおもてなしが不安、、、、ガーデンウェディングがいい!!

それぞれで、叶えたいウェディングのイメージは違います。
そのお二人のイメージに向かって進めて行ってくれます。

先日、Real Weddings さんでプランニングを行い
Verdeではオートクチュールでウェディングドレスをお作りいただいた I 様
inui1.jpg
キャルバリーでの挙式を行われました。

”百聞は一見にしかず” まずはReal Weddingsさんに相談されてみてくださいね。

本当におすすめです。(#^.^#)


お試しあれ!基礎化粧品

こんにちは。
今年も「素足にパンプス」がいつまで可能かバカな挑戦中の和智です。
去年からできる限り冬は薄着に挑戦しておるのですよ。(;´Д`)

さて、本日は基礎化粧品について。
ちょっとウェディングドレスとは関係無いけれど、化粧品は何か花嫁様にオススメできるものはないかなぁーといつも思いながら、選んでいます。

この時期から更なる乾燥注意報の季節。
花嫁様にとっても、2回目の成人式を迎える私にとっても(>_<)大敵です。

ウェディングドレスを当日素敵に着こなすためのトレーニングも大切だけど、お肌のコンディションも大切!!
うん、うん!

ちょっと怠るだけで、次の日のコンディションがまるで違う。。。。

よく広告で見る「ライスフォース」も使ってみたのですが、良かったのですが、、、
私にはあまり効果が半年では出ず。
化粧品は半年は使い続けて判断しております。

・・・・でこちらに変更。

さ迷い続けている花嫁様、参考までに。
kisokesyouhinn.jpg

b-glen

正直、ラインで使うとちょっとお高い。。。(+_+)
定期便ならちょっとだけお値引き。(^-^;
上手く使えば2カ月半~3カ月持ちます。

「是非に!」というほどリーズナブルではないので、先ずはサンプルのお取り寄せから初めてくださいね。

半年使い続けて私の肌にはぴったりでした。
乾燥肌で毛穴の広がりが気になる方にオススメです。
美しく年は取りたいものですなぁ。。。(^-^;

ご参考までに。(*^^*)


ウェディングドレス / お持込み料とは?


こんにちは。
今日はとっても寒いですね。
11月中旬から下旬にかけての気温のようです。
明後日の朝には底冷えするほどの寒さがやってくるそうですよ。
やっと冬がやってきますね(*^-^*)
寒さも徐々に厳しくなってきますので体調など崩されないように気を付けてお過ごしくださいね。

_JOK1937.jpg

さて、今回はウェディングに関する豆知識をお教えいたします。
現在ウェディングドレスを探されている花嫁様や、まだこれからという方にも
是非知っていただきたいのが、「お持込料」についてです(*^^*)

「お持込料」というのは、会場様のご提携先ショップ以外で
レンタルや購入したものを会場に持ち込むときに必要になるものです。

もちろん自由にウェディングドレスやお花などを持ち込める会場様も多数ございますが
お持込料が必要な会場様も多いようです。
また日本だけではなく、海外ウェディングでも持込料が適用されてしまう場合もございます。
会場を決められる際には事前に確認しておくと良いかもしれませんね(*^-^*)


ご提携先の店舗ではなかなか自分に合うサイズのウェディングドレスが見つからなかったり、
好みのデザインが見つからなかったりして、悩まれている花嫁様は少なくないようです。

実際にVerdeにご来店していただいた花嫁様も、同じように悩みを抱えている方が沢山いらっしゃいます。

Verdeはご提携している会場様が限られている為、ドレスを気に入っていただいてレンタルして頂くのに
どうしてもお持込料がかかってしまいます。

都内では、ご提携先のドレスショップ様以外でウェディングドレスをレンタルされた場合、
ドレスを会場様へお持込するには通常、平均3~5万円のお持込料が必要となります。

そんな花嫁様の負担を少しでも軽減できればという想いで、Verdeでは
ウェディングドレスをレンタルして頂いた方に限り、お持込料の3万円分をご負担する特典をご用意いたしております。

楽しくウェディングドレス選びをして頂けるように、そして素敵な結婚式を迎えられるように
Verdeでは花嫁様のお話をじっくりお聞きしながらウェディングドレスのご紹介をさせていただきます。

どうぞお気軽にご試着にお越しくださいませ(*^^*)

Verde
03-6450-6235

















このページのトップへ