アーカイブ

HOME > BLOG > アーカイブ > まめ知識 > 2ページ目

BLOG まめ知識 2ページ目

花嫁様にもオススメ!スキンケアアイテム

こんにちは。和智です。
色々とお洋服が欲しくなる衣替えの季節になりましたね。^_^
さて、たまにお客様に、「どんな化粧品を使っていますか。」そんなご質問をいただきます。

30代後半になってからは、クレンジングと基礎化粧品に重点を置いております。

私事ではありますが、まず、クレンジングをご紹介!

愛用5年目のクレンジングがこちら。

147.jpg

マナラホットクレンジングゲル

最近は色んな所で見るようになりましたが、最初に手にしたのはテレビショッピング(^-^;
通販だけの商品だったのです。

次男の里帰り出産のときに、暇だったので、あれこれテレビショッピングで化粧品などのお試し買いをしてみた一つがこちらでした(*^-^*)

実家の母も、スタッフの藤原も藤原のお母様も、そして松田も、マナラ信者に勧誘いたしました(^-^;
みんな使い続けています。

いやいや(^-^;安心してください。決してまわし者ではございません。

単純に私的に良いものだと思っておりますので、紹介してみています。

これでお風呂につかりながら、ゆっくりじっくりとマッサージをしながら
クレンジングをするのを欠かしません。

劇的に美人になるわけではもちろんありませんが、
小鼻の汚れ、花の毛穴のつまりが無くなりました。
マッサージもするので法令線もきえる?まではいかないけれど、薄くなります。
頬の下りも解消されます。

洗顔後のツッパリが無いに等しい、ツッパリが少ないです。

もちろん、個人的意見ですので、もし、クレンジングをお探しの花嫁様がいらっしゃいましたら
ちょっと試してみる価値ありの商品です!

是非、お試しあれ!なコーナーでした(*^-^*)


おすすめコスメ!

こんにちは。和智です。
お肌が乾燥する季節になりましたね。
夏の終わりのこの季節、スキンケアが大切!
花嫁様もスキンケア頑張ってくださいね。

さて、本日は、私の愛用コスメをご紹介いたします。

もちろん、お肌に合う合わないがありますので、参考程度に。(*^_^*)

私のベースメイクは下地とパウダーの以下二つの2stepです。
IMG_2958.jpg
これ、旧式ですのでCCクリーム SPF30ですが
確か今は50のはず。
「シャネル CCクリーム」
スキンケア効果もあり、伸びも良い。そして少量でカバー力があります。

777888.jpg
「シャネル ルースパウダー」
いろいろパウダーは使ってみましたが、やはりシャネルは粒子も細かく
毛穴レスに近づきます。

という2Stepなのでファンデーションの使用はありません。

マットな仕上がりになるので、ツヤ感が欲しいときはCCクリームの前に
パール感ある下地を使用してからの3stepがおすすめね。(^_-)-☆
または、リキッドファンデーションでツヤの欲しい所だけプラス。

年齢を重ねると、「隠す」作業が必死になりがちなのですが、
そこをあえて勇気を出して、作業を引き算してみてください。
重ねれば重ねる分だけ、崩れやすくもなります。

お肌が老けにくくなると思います。

ご参考までに!(^^♪

ファーストミートってなに? / ウェディング豆知識

こんにちは。

今日は雨がずっと降っていたとういこともあり、涼しく過ごしやすい気候が続いていますね。

皆さんいかがお過ごしですか?
私は元気です。


さて、今回はウェディングドレスについての豆知識を少しご紹介したいと思います。

今回ご紹介するのは「ファーストミート」という儀式(演出)です。


644d1205eb3577c432b06575cf49db9f.jpg


この儀式は、新郎新婦が挙式日まで別々で準備し式の直前にお互いの姿を初めて披露する
というものなんです。

またの名を「ファーストルック」とも呼ばれています。

海外では一般的な儀式とされているファーストミートですが
この儀式の由来はご存知でしょうか?

それは、”結婚式の前に花嫁の姿を見ると幸せになれない”というジンクスからきているようです。


Verdeのお客様にもこのファーストミートをされる方が多くいらっしゃいます(*^^*)

結婚式当日、ウェディングドレス姿の花嫁様を見て
感動のあまり思わず涙を流される新郎様も多くいらっしゃるようです(*^-^*)
とっても感動的で素敵な瞬間ですね。


お二人のこれからの未来を想像しながら
お互いの気持ちを確かめ合い末永く幸せでいようという気持ちになれるのも
このファーストミートという演出の魅力です。


今回ご紹介したファーストミートは、これから結婚式を迎えられる方にオススメしたい演出の一つなので
是非、参考にされてみてくださいね(*^^*)

dress shop Verde
03-6450-6235





オートクチュール(フルオーダー)とは?

こんにちは。
結婚式用語は耳慣れない言葉も多いですよね。

本日は、「そもそもオートクチュールって何なの?」を説明させていただきます。ヽ(´▽`)/

「ウェディングドレスは借りるもの」と思って結婚式の準備を始めたかたも多いと思います。
いろいろ調べていくと、「セミオーダー」「フルオーダー」「パターンオーダー」「サイズオーダー」・・・・
そして「レンタル」。。。。価格も様々、何がどう違うのか。(´・ω・`)

「サイズオーダー」は既にデザイン・パターンが仕上がっているウェディングドレスの基本サンプルを元に
自身のサイズで新たにウェディングドレスを作る、また「セミオーダー」は、サンプルドレスに好みの
パーツを付け加えカスタムして仕上げていくものです。

Verdeで取り扱っている「オートクチュール」をご説明させていただきますね。
IMG_3898.jpg
「オートクチュール」=フルオーダーとお考えください。「オーダーメイド」とも呼ばれます。
「haute」はフランス語で「高い」「高級」を意味する形容詞haut(オー)の女性形、
「couture」は「縫製」「仕立て服」のことで、高級仕立服を意味します。

スタート時点は何もありません。
ウェディングドレスのデザインをデザイナーと共にデザイン画を起こすところから始まります。
シルエット・ボリューム・デザイン・全てが思いのままです。
デザインを、元に生地も選んでいただきます。
そして、仮縫い、仕上げとなります。

「何だか高そぉ~( ◔ิω◔ิ) 」そう思われると思います。
「何だか時間もかかるし、何回もお店に通わなくちゃいけない?」と考えちゃうかも。
Verdeではパターン・縫製の全ての工程を日本で行うのがこだわり!
価格はそのクオリティーの中で、頑張らさせていただいています。

今までオートクチュールをご注文いただいた方の平均価格帯は¥280,000~¥340,000の方が一番多いです。

お店にご来店される回数も、実はレンタルのお客様と変わらないか、もしくは1回多いか、、、です。

もちろん、ブランドのレースやインポートのビジューを選んでしまえば40万・50万は平気でいっちゃいます。

でも、Verdeではオートクチュールをウェディングシーンの中でもっと身近なものに感じて欲しい、そして、この自分の為だけの
ドレスが仕上がる工程を楽しんでいただきたい、、、そんな想いもありご予算からのデザイン提案もさせていただきます。

是非、レンタルもご覧頂きながら、オートクチュール(フルオーダー)のウェディングドレスも御興味ありましたら
ご相談くださいね!



ウェディングドレス ウェディングブーケの意味

こんにちは。

今回は結婚式には欠かせないウェディングブーケのちょっとした豆知識をご紹介します。

_JOK2029.jpg

結婚式で花嫁様がもつブーケにはとてもロマンチックな言い伝えがあります。

昔、ある男性が愛する女性のもとへプロポーズしに行く途中に
野原に咲いた花を摘んでいき、その花束を女性に手渡し捧げたことがブーケの始まりとされています。
そして女性がその中の一輪を抜いて愛を受け入れた証として
男性に返して胸に挿したものがブートニアの始まりとされています。

今では結婚式には欠かせない大切な花嫁様の小物の一つとなっています。

結婚式のイベントにも様々な意味が込められているので
調べてみると結婚式の準備がもっと楽しくなるかもしれませんね(*^_^*)


ウェディングドレス 小物のヴェールの意味は?

こんにちは。

今回は、ウェディングドレスのお小物についての豆知識を少しご紹介します♩

_JOK2137.jpg


挙式などで花嫁様がよく身に着けているヴェールですが
皆さんはこのヴェールの意味(言い伝え)をご存知ですか?

ヴェールはもともと古代ギリシャ・ローマ時代からあったもので「魔除け」のアイテムとして扱われていたそうです。

結婚式の際に、花嫁がフェイスベールをすることにもこの「魔除け」の意味が込められています。

それと同時に、ヴェールはふたりを隔てる壁でもあり
花婿がフェイスベールをあげてキスをするのは、二人の間の壁を取り払う儀式であるとされています。

このように結婚式で花嫁様が身に着ける小物にはすべてに意味が込められています。

少しずつ知っていくと面白いですよね(#^^#)

また、ヴェールは式の際に絶対に身に着けておかなければいけないものではなく
最近ではヴェールを着けない花嫁様も増えてきました。

結婚式をもっと自由に、自分たちらしく作り上げていくのもいいですね(*^_^*)

Verdeでは枠にとらわれない自由な発想でウェディングドレスを着ていただけるように
コーディネートのご提案をさせていただいています。

ウェディングドレスをお探しの方、コーディネートでお困りの方は
お気軽にご相談くださいね。

dressshop Verde
Tel:03-6450-6235

ハワイウェディング・どうしてプラン以外のブーケの追加料金は高いの?

こんにちは。
子供達の遠足で地引網に行ってきました和智です。
さぁ、☆彡今年も保育園の遠足で年に1度だけ作るお弁当を、、、唯一の育児の努力をご披露です。
クックパッド様、大変助かっております。
IMG_3729.jpgIMG_3721.jpg
お店にご来店される私を御存知のお客様、この微妙なジバニャンと仮面ライダーゴーストを是非とも褒めてやってください。
よろしくお願いいたします。(´・ω・`)

もうすぐ6月。日本は梅雨となりますが、ハワイ挙式はハイシーズンの時期をむかえます。(*゚▽゚*)
さて、さて、この豆知識のテーマ。
ご試着中のお客様からよく聞かれることをテーマにしています。

今回は、「プラン外のブーケを注文するとすごく高くて。。。ヽ(;▽;)ノ追加の費用で$400ぐらい。。ヽ(;▽;)ノ」
なぜ、高いのでしょうか。。。そして、どうして高いのか、、、という説明がプランニング会社からお客様に伝わってないのか。。

まず、答えを先に。(*゚▽゚*)
A 「お花は全てアメリカ本土から仕入れる為、高くなる」です。

こちらは先日、オーダーをいただきましたブーケです。
IMG_3753.jpg
こちらはプリザーブドフラワーとアーティフィシャルフラワー(造花)のMIXのウェディングブーケです。
IMG_3755.jpg
こちらも同様のミックスブーケ。
生花に負けないぐらいかわいいブーケも、日本から持っていくのであれば安心です。

価格も花材にもより前後致しますが、¥20,000~¥25,000ぐらいの価格のオーダーが
Verdeでも多いですよ。(^O^)

ハワイはとてもお花が少なく、ウェディングで使用するようなお花のほとんどは、本土からハワイにやってきます。
輸送費のコストがかかりますよね。だから、単純に高くなるのです。
プランに含まれるブーケは小ぶりで、通年準備しやすい1種類のお花を使用したデザインが多いように、お客様からのお話から感じます。

これを説明された上で、プラス料金がどれだけかかるのか、、、ということであれば納得できますし、また、高く感じる方のための
代案の提案があれば、お客様も少なからず選択が可能になります。

でも、こんな会話が続いているのでは?
お客様 「プランのブーケではなく、こんな感じで柔らかくて、少し色味があるブーケがいいんですが。。。。。」
プランニング会社様 「では、プラス料金で$350です。よろしいでしょうか?」
お客様 「。。。。。。。。検討します。」
プランニング会社様 「承知いたしました。では、いついつまでにご検討ください。」
お客様 「わかりました。。。。。。。。」

こんな会話がお花以外でもたたある為、質問に対しての答えが全て料金で返ってくるので、お客様もだんだん準備が楽しくなくなってしまうご様子です。

初めての事だらけのウェディング。心配ごとはつきません。
私たち、Verdeのスタッフで何らかのご提案が出来る場合もございますので、遠慮なくご相談くださいね。

サムシングブルーはなぜブルー?


buru- ajisai.jpg

こんにちは。
先日、DAIGOさんと北川景子さんのWeddingがありましたね。(^^♪
実は、その際に Verdeでオートクチュールのデザイナーをお願いしている外堀が
「Zip」にドレスについてのインタビューを受けたんですよ!

インタビューの中で、「サムシングブルーはなぜブルーなんですか?」と
質問があったのです。

早速、答えは「聖母マリアのシンボルカラーが「青」だから。=純潔を表す色なのです。
人目のつかないよう身に着けるのが良いとされているんです。


「サムシングブルー」は「サムシングフォー」のなかの一つ。

●Something Old =何かひとつ古いもの
伝統を意味し、家族から譲られた宝飾品をあてるのが一般的のようですね。

●Something New =何かひとつ新しいもの
これから始まる未来を意味し、新調したものなら何でも良いとされています。
ただし、一般的には「白いもの」

●Something Borrowed =何かひとつ借りたもの
縁を意味し、幸せな結婚生活を送っている友人などに小物をお借りし、その幸せにあやかる。

●Something Blue =何かひとつ青いもの
上に書いたように 純潔を意味します。

きっと皆さまも、お聞きになったことがあるサムシングフォー。
日本の習慣ではないけれど、準備をより楽しくするアイテムになると思います。

<<前のページへ12

« 日々のこと | メインページ | アーカイブ | ロケーションフォト »

このページのトップへ