HOME > BLOG > アーカイブ > 2016年9月

BLOG 2016年9月

海外ウェディング inグアム


こんにちは。
今日の東京の空は晴れ!
昨日までジメジメとしていたお天気でしたが
今日は少し秋を感じさせるような涼しい風が吹いていますね。
このまま秋が深まっていけばいいな。

今年の秋は高尾山に登り紅葉を楽しみたいなと計画中です!
といっても、まだ一度も高尾山には登ったことは無いのですが、、、
実は山登り自体、もう中学生以来登っていません(*_*;

汗をかいて見る紅葉はきっと素敵ですよね!考えるだけでもワクワクします。
今年の秋はたくさんの方々との出会いを求め、色々な場所に行って、色々な事に挑戦したいと思います。
たくさん美味しいものも食べたいなぁ(*^-^*)



さて、今回は、グアムにてお式を挙げられましたお客様から頂いたお写真をご紹介させていただきます。
グアム「ジュエルバイザシー」にてお式を挙げられました。
こちらの教会は”海辺の宝石箱”と言われるグアムで最も美しい海の見えるチャペルとしてよく知られています。

お写真もたくさん送っていただきましたのでご紹介させていただきますね!

こちらは指輪交換の際のお写真
どこか緊張している様子が伝わってきますね・・・

花嫁様のお衣装はピンクベージュ色のソフトチュールを何層にも重ね合わせたスカートが贅沢な、可愛らしい印象のウェディングドレス
胸元の花びらをモチーフにしたレース刺繍の繊細さと、ハートカットの美しいデコルテのデザインが人気の商品です。

ウェディングドレスというと”純白”をイメージされる方も多いのではないでしょうか?
最近ではニュアンスカラーの入った柔らかい色合いのウェディングドレスも花嫁様から注目されています。
日本人の肌色に合いやすいピンクベージュは肌なじみも良く、女性らしい柔らかな印象もあるのでとてもオススメなカラーです。

新郎様のタキシードに合わせて紺色のサッシュベルトを巻かれています(*^^*)
コーディネートからもお二人の素敵な雰囲気が伝わってきますね。


3.png
【Flaise / Aline (フレイズ)/ Aライン】

真っ白で広々とした空間に大きなシャンデリアが飾られた教会

解放感あふれる素敵な雰囲気の中佇むウェディングドレス姿の花嫁様
とっても美しいです・・・

4 (2).png

ご新郎様のお衣装にもご注目!
こちらはフルオーダーでお作りされました。
紺のタキシードに黄色の蝶ネクタイがとても映えますね(*^^*)素敵です。

幸せいっぱいのお二人の笑顔

5 (2).png

1 (2).jpg

グアムならではのこんな演出も(*^^*)
和やかな雰囲気が伝わってきますね。

2 (2).jpg

ビーチではご友人様もみんな揃っての写真撮影でした。

遊び心あふれるショットをたくさん拝見させていただいて
自然とスタッフも皆、笑顔になっていました(*^^*)

8 (02).png

ご帰国後、わざわざVerdeまで足を運んでいただき、ご挨拶に来ていただきました(*^^*)
アルバムのお写真を見せていただいたり、たくさんの面白いエピソードも聞かせていただきました。
本当に楽しい時間をありがとうございました。

優しくてとにかく笑顔が素敵なお二人
いつまでも末永くお幸せに・・・
6 (2).png

dress Verde
03-6450-6235

ハワイウェディング ロケーションフォト

こんにちは。
9月も終わりだというのに、また暑くなり。。。
ジメジメした暑さでどんどん体力が奪われていくのが分かります(;´Д`)
早く秋らしく涼しくなって欲しいですね。

Verdeではリゾートウェディングのお客様がとても多くいらっしゃいますが
ダントツで多いのがハワイです!
ハワイといえばビーチでのロケーションフォトがお決まりですが、
タイムスケジュールの関係で移動が少なく済むプランでは、ワイキキ周辺のビーチで撮影すること
がほとんどではないでしょうか。。。
その為、ワイキキ周辺の撮影可能なビーチではウェディングドレスとタキシード姿の
新郎・新婦様が順番待ちをしていることがあるそうです(*_*;

そこで、少し時間に余裕がある方や、ハネムーンのついでにウェディングフォトを撮影したい!
という方へおすすめのビーチをご紹介します。

①ワイマナロビーチ
ワイキキより車で約35分
ここはオアフ島の東側にあるビーチで近くには「カイルア」という街があり、ローカルな人々住んでいる街です。
最近ではオシャレスポットとしても人気な場所です。

ビーチには観光客が少ないというのもオススメポイント◎
遮るものが何もないこの風景、青い空と青い海を独り占めできますね!(^^)!
なんと!ワイマナロビーチは2015年の全米ベストビーチに選ばれました!!
Y (363).jpg
Y s(389).jpg

そして次に・・・
②ノースショア
ワイキキから車で約1時間
地名の通り、オアフ島の北側に位置するビーチです。
こちらはサーファーのメッカと言われているビーチなので、ハレイワタウンにはサーフショップがたくさんあります。
ビックウェーブ待ちのサーファーにもたくさん出逢えますよ(*^-^*)

日本人観光客はもちろんわずかなので、古き良きオールドアメリカンを十分に感じられる素敵なビーチとハレイワの街です!
ノースショアビーチだけでなく、ハレイワタウンでのローケーションフォトもとってもオススメ◎
V (30).jpg
V (41).jpg

さてさて、少し足をのばしてワイキキの喧騒から離れたこのようなビーチでローションフォトはいかがでしょうか?
ウェディングフォトで行くにはやっぱり時間が足りず難しいかも、、、という方はぜひ遊びに出かけてみてくださいね。

おすすめコスメ!

こんにちは。和智です。
お肌が乾燥する季節になりましたね。
夏の終わりのこの季節、スキンケアが大切!
花嫁様もスキンケア頑張ってくださいね。

さて、本日は、私の愛用コスメをご紹介いたします。

もちろん、お肌に合う合わないがありますので、参考程度に。(*^_^*)

私のベースメイクは下地とパウダーの以下二つの2stepです。
IMG_2958.jpg
これ、旧式ですのでCCクリーム SPF30ですが
確か今は50のはず。
「シャネル CCクリーム」
スキンケア効果もあり、伸びも良い。そして少量でカバー力があります。

777888.jpg
「シャネル ルースパウダー」
いろいろパウダーは使ってみましたが、やはりシャネルは粒子も細かく
毛穴レスに近づきます。

という2Stepなのでファンデーションの使用はありません。

マットな仕上がりになるので、ツヤ感が欲しいときはCCクリームの前に
パール感ある下地を使用してからの3stepがおすすめね。(^_-)-☆
または、リキッドファンデーションでツヤの欲しい所だけプラス。

年齢を重ねると、「隠す」作業が必死になりがちなのですが、
そこをあえて勇気を出して、作業を引き算してみてください。
重ねれば重ねる分だけ、崩れやすくもなります。

お肌が老けにくくなると思います。

ご参考までに!(^^♪

ウェディング小物 / 花冠(オーダー)


こんにちは。

先週の水曜日、ウェディング関係のお食事会に出かけたところ
目的地まで駅から6分の所を、なぜか30分もかかってしまった方向音痴の和智です(^-^;
ひたすら真っ直ぐ行けばつくはずだったのですが、どこで道を間違えてしまったのか・・・

ちなみに先日、渋谷警察署へ向かう時にも、駅の改札口を間違え
優しいタクシーの運転手さんに案内していただいて、20分かけてたどり着きました。
このままでは一人で旅行に行けないので困ってしまいます・・・
どうすれば方向音痴が治るのか、もしご存知の方がいれば私に教えてください(*_*;


さて、今回はお客様からオーダーいただいた花冠についてご紹介させていただきます。
グリーンメインに白い小花をプラスした、ナチュラルテイストの花冠です(*^-^*)

P1010964.jpg

P1010965.jpg

来月、ハワイにてフォトウェディングを挙げられる花嫁様からオーダーいただきました。
ナチュラルな花冠にはゆるふわなヘアスタイルがよく似合いますね(*^-^*)

こちらの花冠は全て造花でお作りしています。
海外へ持って行っていただくために、キャリーケースに入れても形が崩れにくい造花でのお作りをオススメしました。

P1011613.jpg

グリーンの鮮やかさと白色の小花が爽やかな印象ですね。

オーガンジー素材のスカートが柔らかく動きのあるAラインウェディングドレスをお召しになられる花嫁様(*^-^*)
花冠はビーチでの撮影で花冠を着けられます。
ウェストには紺色のサッシュベルトを巻いてカジュアルなスタイルのコーディネートです。

ハワイの開放感のある空間と青い海に映えるスタイルが素敵です。

ハワイでのお写真も見せていただけるとの事だったので
とても楽しみにしています(*^-^*)

お花のご注文も承っております。
ブーケ、ブートニア、花冠、リースブーケ等幅広くご注文いただけます。
詳しくはVerdeHPからお問い合わせくださいませ(*^-^*)

Verde
03-6450-6235



ウェディング / ヘアメイクリハーサル


こんにちは。

秋を感じる季節になりましたね。
今日の東京はまたまた雨模様です。
明日は台風が来る予報・・・
洗濯物も溜まっていく一方です(*_*;
晴れの日が待ち遠しいですね。

九州地方の方々は激しい台風の中お過ごしの事と思いますが、いかがお過ごしでしょうか?
避難警報が出るほどの激しさとニュースをみて知りました・・・
私は宮崎県出身なので、家族や友人のことが少し心配です(^^;)

お仕事をさせている方もたくさんいらっしゃると思いますが
外に出る際は十分気を付けて外出されてくださいね。


さて、今回ご紹介させていただくのは10月に結婚式を迎えられる花嫁様です。
先日ヘアメイクリハーサルをさせていただきました。

お母様も側で付き添い見守られています(*^-^*)

aP1011428.jpg

Verdeのヘアメイクリハーサルはお一人様4~5時間のお時間をいただいて
じっくりと花嫁様のお話を伺いながら行っています。

式場様などでのヘアメイクリハーサルに比べると少し長いように感じる方もいらっしゃるかもしれませんが
実際にヘアメイクリハーサルをされたお客様からは、「あっという間だった」というご感想を多くいただきます(*^-^*)

リハーサルに時間がかかる理由には、ご希望されるヘアスタイルを全てお試しいただけるという事があります。

短時間のリハーサルではすることのできない、数パターンのスタイルを全て試していただき
ご納得いただけるスタイルに出逢っていただきたいと思っております。

美容師の経験を持つスタッフがヘアスタイルを仕上げていきながら
輪郭や骨格、花嫁様の雰囲気、お式のテイストに合わせたヘアメイクのご提案をさせていただきます。


今回ヘアメイクリハーサルをされた花嫁様のヘアスタイルもいくつかご紹介させていただきますね(*^-^*)

こちらは挙式でのヘアスタイルです。

aP1011435.jpg

挙式では首元がスッキリとしたネープシニヨンのヘアアレンジ
かっちりとし過ぎない動きのあるスタイルが挙式で人気の高いスタイルです。

チュールのビジューカチューシャが大人の上品さと華やかさをより一層演出します。

aP1011455.jpg

そしてこちらはお色直しのヘアスタイル
挙式とはがらりと印象を変えてダウンスタイルにチェンジされます(*^-^*)

aP1011493.jpg

サイドにまとめた髪が大人の女性を感じさせます。
プリザーブドフラワーのヘッドパーツを髪の流れに沿て差し込んでいきます。
実物のパーツが秋を感じさせますね(*^-^*)

披露宴ではこのようにお花のヘッドドレスを身につけられる花嫁様も多くいらっしゃいます。
挙式とは違った花嫁様の姿を見ていただけるのでゲストの方にも喜ばれそうなコーディネートですね(*^^*)


aP1011487.jpg


Verdeではヘアメイクリハーサルのみのご予約も承っております。
挙式当日のヘアメイクにお悩みの方は是非お試しくださいませ(*^-^*)

Verde
03-6450-6235


海外フォトウェディング / ラストフィッティング


こんにちは。

またまた台風が近づいてきていて雨の日が続きますが
皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

私は最近、長年愛用してきたお気に入りの赤い傘から雨漏りをしてきてとてもショックを受けました(*_*;
大雨の中傘をさしているとポツリ、ポツリ、気が付くと顔に雨粒が落ちてきたのです。
まさか雨を避けるための傘から雨漏りとは、、傘の意味が全くないですね(^-^;

修理に出すか迷ったのですが、まだまだ雨の日は続きそうなので新しい傘を購入しました。
今まで使っていた傘は小雨の時に使おうかな、と思っています(*^^*)


そして今回は、来月ハワイにてフォトウェディングをされるお客様のラストフィッティングの様子をご紹介させていただきます。

花嫁様のご衣裳はVerdeオリジナルのウェディングドレス【Marugrrite / Aline :マルグリット / Aライン】
タフタとオーガンジーの柔らかな素材が優しい印象の一着です。

aP1011601.jpg

ホテル撮影・ビーチ撮影・タウン撮影と3つのシーンでのフォト撮影を行うご予定のお二人
シーンに合わせて色々なコーディネートにチェンジされます。

ホテルでの撮影ではビジューをふんだんにあしらったビジューベルトやネックレス、腕にはブレスレットをプラスして
花嫁様の煌びやかさを演出。
シンプルなウェディングドレスだからこそできるコーディネートですね。

ご新郎様のご衣裳はオーダーメイドでお作りになられた特別な一着です。
ギンガムチェックのシャツとブルーの蝶ネクタイが印象的で爽やかな装いがとても素敵です。

aaP1011599.jpg

黄色のお花が目を引くウェディングブーケは花嫁様からオーダーをいただき、フローリストが製作致しました。
大ぶりな黄色のお花と無造作に広がる様々な種類のグリーンが印象的なブーケです。
とっても素敵ですね(*^-^*)

aP1011593.jpg


こちらはビーチ撮影の時のコーディネート
ビジューアクセサリーは全て外して、ウェストには紺色のカラーリボンをポイントに巻かれています。
印象がガラリと変わってカジュアルスタイルに大変身ですね。

足元にはお揃いのビーチサンダルを合わせて
ビーチでの撮影にピッタリなコーディネートです(*^-^*)

aP1011619.jpg

aP1011616.jpg

そしてタウン撮影ではハワイの街並みに合わせて、ハットとタッセルピアスを身につけられます。
ハワイの街並みを歩くお二人の姿が思い浮かびます(*^-^*)

2種類のハットでどちらを被るか悩まれていた花嫁様

ウェディングドレスを決める際にも、何度もVerdeに足を運んでいただいて、何度も悩み、
担当コーディネーターと話していく中で運命の一着をご決定いただきました。

IMG_4064.jpg

そして、こちらのタッセルピアスはVerdeオリジナルのデザインのもので、
お客様からオーダーをいただいてお作りしました。

タッセルのデザインというとお洋服に合わせるイメージが強いですが、
ハワイなどのラフな雰囲気にはとっても相性の良いアイテムです(*^-^*)

四角いモチーフの中に輝く丸型のクリスタルが煌びやかで可愛いデザインのピアスになっています。

IMG_4063.jpg

ラストフィッティングを終えられて安どの表情のお二人(*^-^*)
来月、ハワイへと渡航されフォトウェディングを挙げられます。

私たちスタッフも、最後まで心を込めてお仕度準備をさせていただきます(*^-^*)

お写真も見せていただけるということで、
今からとても楽しみです。

どうかお二人にとって幸せなウェディングになりますように。


ウェディングフォト / お客様から頂いたお写真


こんにちは。

誰も私を褒めてくれないので、子供達に「ママかわいい?」と聞き
「ママかわいい」と必ず言わせ、「〇〇して!」と子供達から何か要求があった場合、
ほっぺのチューをしないと要求に応えない和智です。

団子三兄弟のように、外見はつまらないほど似ているのですが、やはり個々の個性がしっかり出てきています。


さてさて、先日、夏に挙式を終えられたご夫婦がアルバムを持って、お店に遊びに来てくれました。

挙式までの準備を振り返りながら、当日のお話しをさせていただきました。
本当に楽しい時間をありがとうございました。

写真が仕上がるのは、挙式から2カ月、3カ月かかるので
こうやって元気なお顔を見せていただいて、そして私たちのことを思い出していただけるのは本当に嬉しいです。

「ザ・ランドマークスクエア東京」にてお式を挙げられたお客様

ボリュームの少ないスカートでシンプル且つ美しいウェディングドレスを探し求めてVerdeにご来店いただきました。

Verde以外にも式場様の提携店を含め4~5件のドレスショップを回られて、理想のウェディングドレスを探されていました。

しかし、商品と価格のつり合いが取れていない事や、自分に本当に似合うウェディングドレスが分からず悩まれていたそうです。

初めてウェディングドレスに触れ、試着を重ねていく中でこのような悩みを抱えた花嫁様は本当に多くいらっしゃいます。
どれもお似合いですね。と言われてしまうと嬉しさの反面、不安にも繋がってしまいますよね・・・

Verdeではご来店頂いた花嫁様のお話をじっくりとお聞きして
探し求められているウェディングドレスはどんな物なのか、考えながらご案内をさせていただいております。

そんな中、Verdeのウェディングドレスを気に入っていただき、
カラードレスと合わせて2着お召しいただいた花嫁様

お式当日のお写真もとっても素敵でした(*^-^*)

0008_527105.jpg

0006_527105.jpg

0034_527105.jpg

0043_527105.jpg

0048_527105.jpg

0198_527105.jpg

0098_527105.jpg

0257_527105.jpg

0267_527105.jpg

ご来店頂いた当初は、シャンパンゴールドのウェディングドレスをご決定いただいていて、
一着でお式から披露宴まで通されるご予定でした。

しかし、ご友人からのアドバイスを聞き、白のウェディングドレスとカラードレスの2着に急遽ご変更

特にこちらのカラードレスは、Verdeに入荷したばかりの新しいもので、
花嫁様がラストフィッティングにご来店いただいた際に、店内に飾ってあったのを見て
一目ぼれし、急遽ご変更されたのでした(#^^#)
ウェディングドレスとの出会いは本当に運命的ですね。

そんな様々な悩み、葛藤の末にご決定されたドレス。

式当日は誰も想像していなかった鮮やかなカラードレスを見て、
ゲストのご友人の皆様もとっても驚き、喜ばれたそうです!

その喜ぶ姿を見て新婦様もとっても嬉しくなったとおっしゃっていました(#^^#)

そんな幸せエピソードを聞くと、私たちもとっても嬉しくなりました。
本当に幸せな瞬間です(#^^#)


0437_527105.jpg

0442_527105.jpg

たくさんのお写真、本当にありがとうございました。
幸せそうなお二人の姿を拝見して私たちも幸せのおすそ分けをいただきました(#^^#)

どうか末永くお幸せに。

本当にありがとうございました。



ウェディングドレス(オーダーメイド) / デザインお打合せ


こんにちは。
秋も深まり日が暮れる時間も段々と早くなってきたように感じます。
いつの間にかセミの鳴き声も聞こえなくなりました・・・
気温も段々と涼しくなり、そろそろ秋服が欲しくなりますね。

私は冬生まれという事もあって、冬が大好きなので
これからの季節の移り変わりにとても胸をワクワクさせています(#^^#)

秋というとブライダルシーズンでもありますね。
春から夏にかけて結婚式の準備をなさってきた花嫁様が結婚式を挙げられます。
私たちも結婚式を迎えられるお客様お一人お一人に心を込めて、大切なご衣裳をご準備させていただいております。


さて、今回はオートクチュールでウェディングドレスをお作りさせていただく花嫁様とのお打合せ風景をご紹介させていただきます。

IMG_4031.jpg

ご身長が高く、シンプルなウェディングドレスを探し求めれらていた花嫁様

前回ご来店頂いた際に、ウェディングドレスのイメージのお写真をいくつかお持ちいただいていたため、
そのお写真を参考にしながら大まかなドレスデザインをコーディネーターがご提案させていただきました。

そして今日はデザイナーとのお打合せ
前回、大まかに決定していたドレスデザインをより具体的なものにしていくために
使用する生地や、ショルダー・バックスタイル・スカートのラインなど細かいデザインを
デザイナーと一緒に話し合い、決定していきました。

デザイナーは男性なのですが、柔らかな雰囲気をもった方で、花嫁様も「気兼ねなく話が出来ました」とおっしゃっていました。

隣には担当のコーディネーターもおり、一緒にお打合せに参加するので花嫁様にも安心してお打合せしていただけるのではないかと思います(^^)

P1011580.jpg

そしてこちらがウェディングドレスのデザイン画です。

スッキリとしたシルエットのスレンダーラインにショルダーのデザインが特徴的なウェディングドレス

レースやビジューは一切使用しないシンプルなドレスデザインに、
腕まくりのできる個性的なショルダーデザインが映える一着です。

次回は仮縫いです。

デザイン画に描いたウェディングドレスが形になっていく仮縫い
ドレスを作る上でも特にワクワクする工程です。

ウェディングドレスを作ることの楽しさを花嫁様に感じていただきたい・・・

理想の一着が出来上がるように、コーディネーターがしっかりとお手伝いさせていただきます。

ウェディングドレスの完成がとっても楽しみです(#^^#)


dress shop Verde
03-6450-6235




オートクチュール(オーダーウェディングドレス) / 仮縫い風景

こんにちは。

クローゼットの中は年がら年中モノトーン、、、時々からし色の和智です。

先日黒ベースにからし色の花柄のワイドパンツを購入
アパレルショップは秋物に変わり、帰り道など買い物したくなりますね。

私の買い物はたぶん異常に早く、平均10分。
10分で買い物、試着、決断を行うように時計とにらめっこで買い物をしています。
もちろん子育てもあるのでゆっくり買い物に行くことはこの7年ぐらいしていません。
迷ったものはじっくり考えれば要らないことも多いので、買わないようにしています。

20代はいろんな格好をしてみました。
美容師だったせいもあり、頭を真っ赤に染めてみたり前髪を恐ろしく短くしてみたり、古着ばかり着てみたり、、
30代後半、産後のダイエットも終えやっと自分のキャラクターを固定できました。
これからの40代、女性らしく、カッコよく、服を着こなすようにと目標にしています。

私は色々とファッションで迷子になりましたが、20代半ばのウェディングの世界に入った時から
ウェディングドレスの好みは変わっていないのです。
シンプルで装飾が少なくラインが美しいウェディングドレスが大好きです。

仕事がらたくさんのウェディングドレスを見てきましたが、女性らしいシンプルなウェディングドレスは
時が経っても色褪せず、飽きがこないのが魅力。

Verdeでオートクチュールをご注文いただいく方は、シンプルなウェディングドレスは探してもなかなか見つからない、、、
シンプルだけど個性的なドレスがいい、、、そんな方が多いです。

先日、オートクチュールのご注文をいただいたお客様からは「1からドレスを作ることがこんなに楽しいとは思わなかった」
そうおっしゃってくれました。

本当に嬉しいお言葉!

自分だけのウェディングドレスを1から作る。この楽しみをお客様に知っていただきたい。
そして、日本の職人の手作業を感じていただきたい。
そんな思いで始めたのがオートクチュールです。


今回はオートクチュール(オーダーウェディングドレス)でウェディングドレスをオーダー頂いている花嫁様の
仮縫いの風景をご紹介させていただきます。

aP1011533.jpg

aP1011536.jpg

aP1011539.jpg

「シンプルで細身のウェディングドレス」を探し求めてVerdeにご来店いただいた花嫁様
お身体が細くサイズが小さかったためにレンタルドレスで納得のいくものが見つからないと悩まれていました。

また、海外と国内で2回ウェディングドレスをご使用されるご予定だった為
ウェディングドレスを1からお作りするオートクチュールをオススメさせていただきました。

aP1011549.jpg

aP1011545.jpg

「小柄で細身の女性の体形をカバーできるスレンダーウェディングドレス」をテーマに
美しい女性のボディーラインを描く様なドレスデザインをご提案致しました。

お尻の高さが出るようにバックデザインにはチュールのトレーンを付属、
トップスはショルダータイプで上品な花柄が印象的なインポートレースがあしらわれています。

ピタッと肌に吸い付く様なドレスラインになるように、デザイナーが細かく細かく生地をカットし、微調整を加えていきます。

aP1011558.jpg

「仮縫い」はウェディングドレスを作成していく中で特に重要な工程です。
ウェディングドレスの仕上がりはこの仮縫いで決定してしまいます。
だからこそ、ご要望をしっかりと理解できるように、花嫁様のお話しをじっくりとお聞きいたします。

オートクチュールには、コーディネーターとデザイナーと花嫁様の信頼関係がとても大切です。

aP1011564.jpg

コーディネーターとのヒアリングから始まり、デザイナーとのお打合せ、仮縫い、トワルチェック、最終フィッティングと段階を踏んでいく中で
ウェディングドレスを1からお作りする事の楽しさを花嫁様に感じていただけたら・・・という思いでオートクチュールをやらさせて頂いています。


今回お写真を載せていただいた花嫁様にも楽しさを感じて頂けていれば幸いです。
ウェディングドレスの仕上がりがとても楽しみです(#^^#)




ウェディングドレス / セミオーダー


こんにちは。

今朝の東京は雨空
気持ちの良いくらいの本降りです ☔
雨の日は湿気が強く体も重くなりがちですよね・・・
気候の変化に伴って体調も変化しやすい時期ですので
体調を崩されないようにどうかお身体を大切に皆様お過ごしくださいませ(^^)


さて今回は、ウェディングドレスをセミオーダーしていただいたお客様について
ドレス写真を交えながらご紹介させていただきます。

Verdeオリジナルドレス「Amande(アマンドゥ)」のデザインを元にお作りしたウェディングドレスです。
もともと5分袖だったもの袖丈を10分丈にアレンジし製作させていただきました。

こちらは最終フィッティングの際のお写真です(*^-^*)

P1011190.jpg

aP1011194.jpg

アメリカにてお式を挙げられたお客様(*^-^*)
ビージングが施された重厚感のあるフランスレースとジョーゼットとスカートがクラシカルな印象でとても美しいウェディングドレスです。
アイボリーのお色味がより一層クラシカルな雰囲気を強調させます。

肌の露出を控えたショルダータイプのトップスは上品な大人の女性の魅力を引き立てますね。

バックデザインはアーチ型になだらかに開いた背中のデザインが特徴的です。
スカートのトレーンは長すぎることなく、花嫁様お一人でも身動きがとりやすいデザインになっています。

お式後、お外でご家族とのフォト撮影が予定されていたお客様
お写真を後日見せていただけるという事で、今からとっても楽しみにしています(*^-^*)


Verdeではこのようにオートクチュール(オーダードレス)以外にも、セミオーダーでのドレス製作もお受けいたしております。
0からデザインを考えるのはちょっと不安・・・という方でも、気兼ねなくオーダーしていただけますので興味のある方はお気軽にご相談くださいませ(*^-^*)

詳細はVerdeHPからお問い合わせください。

Verde
03-6450-6235

12

« 2016年8月 | メインページ | アーカイブ | 2016年10月 »

このページのトップへ