HOME > BLOG > アーカイブ > 2020年2月

BLOG 2020年2月

ウェディングブーケ

先日、最終サイズ確認にご来店されました花嫁さまをご紹介。

ウェディングドレスはイタリアのレースをたっぷり使用したコンパクトAラインのドレス。

IMG_9886.jpg

パニエを使用しないコンパクトなAラインのドレスにたくさんのギャザーを入れたデザインなので、動きが加わった時のドレスの柔らかさはとても綺麗です。

IMG_9887.jpg

ブーケもVerdeでオーダーいただきました。
ドレスとの相性も素敵!!

IMG_9888.jpg

昨年の夏の撮影でVerdeのコンセプトに合わせて制作したオリジナルブーケは、とても人気があり沢山オーダーいただきました。本当にありがとうございます。

VerdeではVerdeのドレスに合わせたウェディングブーケのオーダーも承っております。

お気軽にご相談くださいね。

ウェディングドレスのスタイリスト

こんにちは。(*^-^*)

和智です。さて、さて本日の内容はちょっといつもと変えてみましょう。

たまにはこんな内容があっても良しかな。

IMG_9859.jpg

ウェディングの世界で「ウェディングコーディネーター歴〇〇年」「ヘアメイク歴〇〇年」・・・etcなど 何年という経歴が
良い方に働く職種が多い中、大型のウェディングドレスショップさんでスタイリスト経歴が長い方が前線でスタイリストをされている方をあまり多く見られません。

私も元々はヘアメイクの技術者です。ドレスショップを立ち上げた時に「もったいない、、、どうしてドレスなの?」とヘアメイクさんから言われました。

この時に初めて感じたことは「もしかしてドレスのスタイリストって実は技術職だとは思われていない??」ということです。



Verdeにご来店いただいた方が
「ドレスショップには行っているんですけど今まで何も知らなかった、、、、勉強になります。」
と私にとっては嬉しいことですが、おっしゃっていただけます。。。。。。。。

会場とドレスのテイスト、全体のバランスとコーディネイト、骨格に合う数cmのバランスとドレスの構造 たくさんお伝え出来ることがあります。でも、私としてはまず「好き」が何よりの優先順位だと思っています。その好きなドレスの中から自分に似合う理由がたくさん上げられる秀でるものを探し出すお手伝いをさせていただくことが「ドレスのスタイリストのお仕事」だと思っています。

言い忘れました、いかに目の錯覚を起こさせるかがバランスにつながります。



Verdeにその花嫁様が求めるデザインのドレスがまったく無い場合は、他店のドレスショップだって 勝手に紹介します。

ドレス選びにはインスピレーションもとっても大切ですが、自信を持ってこのドレスにして良かったと思っていただくには、ある程度の論理的思考も必要なのです。

だから、他の職種と同様に経験値が必要に感じます。


スタイリストは契約に導く手順ではなく、一人の花嫁さまが当日最高の笑顔になる手順を導きたいものです。
そして、昨今は晩婚化です。安定感のあるスタイリストも必要。
ドレスショップの前線で30代後半から40代の女性がドレスのスタイリストが働く現場が増えるといいな、とも思います。

文字ばかりの内容をお読みいただきありがとうございました。(*^^*)

是非、ドレス迷子の方 Verdeにご試着にご来店ください。(*^^*)

オーダーブーケ

もうすぐハワイ挙式を控えているお客様よりオーダーいただいたブーケをご紹介いたします。
2月にハワイ挙式、3月に国内披露宴をされるとのこと。
とても忙しく準備をされているご様子でした。

ハワイ用も国内用もVerdeにてウェディングドレスをレンタルいただく予定です。
そして両方で持てるブーケをお作りいたしました。
P1010375.jpg
シンプル好きなご新婦様。
ハワイ挙式用のウェディングドレスはシンプルなチュールスカートのAラインを選ばれました。
ハワイの日差しに映えるような明るめのオフホワイトでとても軽やかです♪

ブーケはプリザーブドフラワー×アーティフィシャルフラワーのミックスです。
飛行機の手荷物で持って行っていただくので、グリーンの部分にはクッション変わりにもなるアーティフィシャルフラワーを
部分的に入れています。
丸っこいお花(バラのような、、、)が苦手ということであえてメインのお花はほとんど使用せずに、グリーン中心で
お作りいたしました。大人っぽくて素敵です!!
P1010386.jpg
色んな種類の草花が入っています。
プリザーブドフラワーとアーティフィシャルフラワーの違いも見た目はほとんど分かりません。

こちらのお写真が国内用ドレスになります。
トップスがややベージュなので落ち着いた印象になりますね。

みなさん、どうやって海外にブーケ持って行くんでしょうか。。。と心配されていますが、ご心配なく!
いつも、ブーケは海外へ持ち運びしやすい様に袋でお渡しています。
数年前と比べると、ブーケのボリュームが大きいく茎が見えるクラッチブーケが人気なので、ブーケBOXには入りません。
なのでしっかり梱包して袋でお渡ししております。
袋の持ち手をスーツケースに引っ掛けられるので、意外と運びやすいですよ(^^)

ブーケのオーダーはVerdeにてウェディングドレスをレンタル又はオーダーされた方のみ承っております。
ご検討中の方、スタッフまでご相談くださいませ。

1

« 2020年1月 | メインページ | アーカイブ

このページのトップへ